読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記 2nd Edition

日々のさまざまなことを、つらつらと。

Berlitzの体験レッスンを受けてみた。

Berlitzです。

もちろん前々から存在自体は認識していたものの,

 ・ とりあえず凹むらしい

 ・ 厳しいらしい

 ・ 何よりお値段が高い

と様々な言い訳要因があったため,なかなかそのドアを叩くことができずにいたんですけども,「なんだかんだ言いながら人並みに英語力はついてきてるんじゃなかろうか」という根拠のない小さな自信もついてきている今日この頃なので,思い切って行ってみることにしたわけです。

なあに,とって喰われるわけではありませぬ。
ちょっと調子乗ってきてる状態だし,ここらでしっかり凹まされて自分のレベルを思い知るのもきっと大事なことなんです。
そもそも,6割以上の人が「ハイあなた初級から」宣告をされるっていうしなっ!

※ベルリッツのレベルは10段階に分かれてるんですが,ほぼ大半がレベル1か2からスタートらしい

www.berlitz.co.jp

 

というわけで意を決してベルリッツへ。

体験れすんと今後の受講等についての説明を受けてきました。

受付のあとオサレな個室に通され(さすがベルリッツという感じでしょうか。清潔感と高級感が半端ない)、カウンセリングシートの記載。これまでの英語学習歴や英語学習の理由等について記載します。記載が終わると体験れすんの始まりです。

よくある英会話レッスンと同様に、まずはご挨拶と簡単な自己紹介から。自己紹介で話した内容を元に講師が会話を広げてくれます。このあたりは他の英会話学校のレベルチェックとおそらくさほど変わらないので、自分が話しやすい(単語を知ってる、前にも用意したことがあるフレーズを使える、等々)トピックを選んでおくと話が続きやすくていいかもしれない。せっかく無料で受けさせてくれる機会にダンマリになるのはもったいないので、できるだけ有意義な時間にするためには、ある程度の用意はしといた方がいいよなーとは思うます。

今回担当してくださった講師は自称東京在住20年のカナダ人なおじさま。フレンドリーな雰囲気(軽くカーネル・サンダースに似てた)だったので緊張することなく会話スタート。
で、TOEICもこないだ受けたばっかでねえなんてことにも言及すると、まあ当然ながら「スコアどんくらいよ」的な質問が飛んでくるわけなんですが、「よしゃどのくらいのスコアか推理してやろうか。うーん、そうだな825くらいだろう」とおっさる。
いやいや、そんな高くねーっす。ほぼジャスト700くらい(695ではなく700と言ってしまうこの小市民さよ・・・)ですわ。と返したところ、「まじかおい!そのスコアは昔のスコアなんじゃないのかい?」と言われプチご満悦なわたくし(小市民パワー第発揮)。
フリートークの後には実際のベルリッツの教材を使っての体験授業。最初のフリートークで大体のレベル認定はされているようで、おそらくそのレベルに合致した教材を使ってるんじゃないかなと。見開きページの絵を見ながら講師の質問に答えるという授業。途中で言いよどんだり間違うと、フレーズ全体の言い直しをさせられる。講師に続けて数回繰り返し。これがベルリッツ・メソッドってやつか!

とまあそんな感じで20分ほどの体験れすん終了。なかなか濃ゆい体験れすんでした。
講師が出て行って数分待った後に、引き継ぎを受けた日本人スタッフさんが来てレベルチェックの結果説明と受講のプランについての説明がありました。んでわたくしのレベルはというと、

 

レベル3:身近な話題では何とか意思を伝えられる(中級)

 

おおお。初級じゃなかったw
今回は半日の短期集中コース(7レッスンぶっ通し受講)を受けるつもりで行ったので、ビジネス英語のクラスを受けたいっていう意向は伝えてたんだけど、レベル3のビジネス英語クラスでもOKとのこと。ベルリッツのビジネス英語コースはかなりタフらしく、ビジネス英語のレベル3は日常会話のレベル3.5くらい(もう少しでレベル4くらいなニュアンスらしい)が必要とのことで、講師が言うには問題ないだろうということのようで。少なくとも基礎的な英語力アリとベルリッツが認めてくれたと考えていいのかなあ。

にしてもTOEICスコア825くらいとか言ってくれてたのにレベル3認定とは・・・やはりベルリッツ恐るべし。ベルリッツで上級って英会話学校行く必要あんのかレベルなんじゃなかろうか。。。

 

そんなこんななベルリッツ体験記でした。
来週7れすんぶっ通しで受けて参りまする。